社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

よいちいきカフェ

「よいちいきカフェ」とは、余市出身ではない地域医療国際支援センターのメンバーと、長年余市で生活している余市協会病院の職員が余市について考え、よい地域にしていこうというプロジェクトです。

第一回:地域医療国際センター紹介(6/26)

地域医療国際支援センター
第一回の「よいちいきカフェ」を開催しました。
今まで、地域医療国際支援センターのメンバーのみで活動を行っていましたが、活動の拠点を置いている余市で何かできないかと考えました。
余市出身ではないセンターのメンバーと長年余市で生活している余市協会病院の職員と余市について考え、よい地域にしていこうというプロジェクトが「よいちいきカフェ」です。第一回目の今回は…。

私たち地域医療国際センターの紹介。
そして、メンバーの一人である青年海外協力隊OGの山脇さんのパラグアイでの活動報告をしました。
「パラグアイの食べ物はおいしいですか?」「暑いですか?」など、普段馴染みのない異国の地に参加職員一同興味津々でした。後半には皆で「余市について」というテーマで、2グループに分かれて話し合いました。
メンバーの作成した余市町のシナリオを片手に、余市の良いところ、もっと改善してほしいところを挙げて発表しました。
地域医療国際支援センター
「住むにはちょうど良い」「食べ物がおいしい」「公共交通機関の本数が少ない」「良いところをアピールしきれていない」と様々な意見が出ました。 余市に長年生活している人にしかわからない意見も出て、とても有意義な会になりました。
今回の意見をまとめて、次回はもう少し掘り下げて余市の良いところを見つける企画にします。詳細は近日公開!

第一回目は、途中入場、退場可で、10~15名参加していただきました。
お茶、お菓子を囲んで、カフェのような雰囲気で続けていきたいと思っています。
次回開催は8月上旬予定です。お誘い合わせのうえ、皆さんの参加お待ちしています!

第二回:余市のスイーツ(8/24)

よいちいきカフェ
第一回のよいちいきカフェで「余市の良いところ」「こんな余市にしたい」などをざっくばらんに挙げて話し合いました。
その中で、余市ならではのスイーツがほしい!という意見がありました。まずは、現在ある余市の洋・和菓子店のスイーツを食べてみようと、第二回のよいちいきカフェはスイーツの試食会を行いました。
「余市のスイーツ食べてみませんか?」ということで、13人の病院スタッフが参加してくださいました。
長年余市に生活している方も食べたことのないスイーツもたくさんあったようです。 参加していただいた皆さんにはそれぞれ1~5位までのシールをお渡しし、ベスト5を決めて投票してもらいました。

今回のエントリーは和菓子、パイ、ジャム、クレープ、マフィンなど全10品。
よいちいきカフェ

今回のみならず、次回も紹介できなかったスイーツを試食し、どのようなスイーツがみんなに受け入れられ、求められているのかを発掘していきたいと思っています。将来的には、よいちいきカフェから余市ならではのスイーツを出していきたい!!
皆さんのご意見ご感想お待ちしてます。お誘い合わせのうえ、次回の参加もよろしくお願いいたします。
センター長挨拶
参加者の声
ニュース一覧
よいちいきカフェ
海外の活動報告
余市の生活
とちノきネットワーク