社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

医学生

山本 寛之 さん 札幌医科大学 5年生 実習期間:2014年2月3日~2月13日

山本 寛之
Q. 余市協会病院の勤務は?
A. 私がこれまで考えていた地域医療は、診断は出来るが治療に関しては出来ることが限られており、簡単な治療をして専門的な治療は総合病院に紹介するしかないと考えていました。
しかし余市協会病院に来て、地域医療に対するイメージが全て変わりました。この病院の医師は専門という垣根を超えて、他の医師と連携してできる限り全ての診療をしており、これぞ地域医療というような医療をしていました。そして何よりこの病院に勤務している医師たちは多忙にも関わらず、活き活きと働いていて、情熱を持って働いているなと感じました。
元々、私は人手が少ない場所で活躍できる外科医になりたいと思っていて、この余市協会病院の外科医は、専門性を持ってきちんと手術をしながら、幅広く内科疾患にも対応している。まさに自分の中で目指す外科医像をここで見ました。卒後の進路希望:外科P

三上 卓真 さん 札幌医科大学 5年生 実習期間:2014年1月6日~1月16日

三上 卓真
Q. 余市協会病院の勤務は?
A. 実習前の印象では、大学と比べると医療の質が大分落ちるのではないかという想像をしていました。
しかし余市協会病院では、限られた資源、人も少ない中でスタンダードな医療を実践していることに驚きました。勤務している医師が忙しい中で、楽しそうに、活き活きと動き回っている姿が印象的でした。
私は外科志望なので、手術に多く入らせて頂きました。医療者、病院のチームの一員として、ただ見学するだけでなく、できることは実際に手を動かしてやらせて頂きました。今までの講義や見学で学んできたことを生かすことができ、充実した2週間でした。
これまで、外科医は専門性を持った後は大学病院のような大病院で勤務をするという印象を持っていましたが、今回の実習で印象が変わりました。専門性を持った外科医が、幅広く知識、経験を身につけることで、様々な疾患に対応することができる、地域医療の現場での外科医のあるべき姿を見たように思います。私の中で、将来、地域で働くという選択肢ができました。
卒後の進路希望:外科
参加者の声
ニュース一覧
余市の生活
医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
セミナー報告
病院内外の講演会、セミナーの報告