社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

【2015/10】青年海外協力隊/訓練生活(1)

お久しぶりの金野です。


今日は訓練生活について話したいと思います。
10月8日に入所し入所式や自己紹介などを全体で行い、12日から語学訓練が始まりました。
日程としては、
06:30 朝の集いやラジオ体操、ランニング
07:10 朝食
08:45 語学訓練
11:35 昼食
13:00 語学訓練
15:10 訓練前講座
18:00 夕食
19:00 自己学習
22:40 人員確認
23:00 消灯
という流れで日々過ごしています。


僕は必要言語が英語で、入所時に行ったテストの結果に合わせてクラス分けがされます。 英語はホームクラスとテクニカルクラスの2つに分けられ、ホームクラスでは基本的な英語力を上げる勉強を、テクニカルクラスではそれぞれの分野に分かれて英語でワークショップを行うと言う内容になっています。


僕の英語力は低く、ホームクラスでは基本的な英語の勉強を繰り返し行っています。テクニカルクラスでは帰国子女もおり、自分の英語力の低さにショックを受けてしまいましたが、僕は伸びしろがたくさんあるんだと考えて、臆することなく喋るを目標にあげて生活しています。
日々の生活は英語で行うようにと言われており、研修棟で日本語を話していると講師からはDon't speak Japanese と言われます。


訓練前講座ではプレゼンテーションやファシリテーション、コミュニケーションなど今までしっかりと学ぶ事が少なかった事について教えていただき、本当に勉強になっています。


生活は14〜15人で1つの班に分かれて共同生活をしています。様々な職種で様々な人がおり、いろいろな発見も多い日々を過ごしています。


また、今日はJOCVリハビリテーションネットワークの活動へ参加し、福島県浪江町の方の仮設住宅へ行きマッサージやいろいろなお話をして来ました。
僕自身、仮設住宅で今も生活している方々にお会いする事が初めてで、どの様な生活をされていてどのような事を必要としているのか分からない状態で参加してしまいました。ある方は、「家には戻りたいけど、帰ったところで1人で暮らすことはできないから帰りたいのか分からない」とおっしゃられていました。今後もなるべく参加させていただきながら、自分のできる事を探していきたいと思います。


講座の課題も多く自分の出来なさに悲しくなりますが、残り52日間で自分を進化させられるように頑張っていきます!
では、また来週〜

センター長挨拶
参加者の声
ニュース一覧
余市の生活

地域医療研修

医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
外部機関との連携
GLOW看護師研修プログラムと連携しています。