社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

【2015/10】青年海外協力隊/応募と選考プロセス

はじめまして。余市協会病院 理学療法士の金野健人と申します。

僕は10月8日より、青年海外協力隊平成27年度3次隊で来年1月よりアフリカのマラウイという国へ派遣予定です。
現在は福島県の二本松市の訓練所にて訓練を受けています。

今日は僕が青年海外協力隊へ応募しようと思った理由と応募と選考のプロセスを説明したいと思います。
僕は高校生の時に、地雷によって足を失った子供へ青年海外協力隊の理学療法士がリハビリを行い、松葉杖を使い笑顔で歩ける様になった姿を見て、理学療法士という職業に憧れを抱きました。

【応募と選考プロセスについて】
募集は春と秋の2回あり、応募書類を提出します。
すると、一次選考のための書類が送られてきます。
一次選考は書類選考で、職種別の技術審査、語学力審査、健康診断審査を行います。
内容は、ボランティア活動への参加動機や派遣希望国、職種に対する自身の経験、どのような活動を行いたいかなどです。職種別試験では、外傷性脳損傷、脳性マヒ児、先天性内反股へのリハビリテーションについて書くというものでした。二次選考は東京または地方3カ所(名古屋市、神戸市、北九州市)のうち、JICAが指定した会場で実施されます。二次選考は健康診断(問診)と面接(人物・技術)でした。人物面接は志望動機やこれまでの経歴、ストレスの解消法などを質問され、技術面接では脳卒中や整形外科疾患、小児マヒ児のリハビリテーションについての質問がありました。

そして、1ヶ月程すると合否通知が郵送され、合否と共に派遣予定国が記載されていました。

次回は合格から訓練所での生活について書きたいと思います。

参加者の声
ニュース一覧
余市の生活
医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
セミナー報告
病院内外の講演会、セミナーの報告