社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

【2015/12/8】マヒドン大学熱帯医学短期研修報告

海外の活動

マヒドン大学熱帯医学短期研修はタイ、マヒドン大学のBangkok schoolで朝8時から始まりました。森医師(マヒドン大学の熱帯医学部の非常勤講師)がマヒドン大学の紹介、熱帯医学についての総論をプレゼンテーションしました。熱帯医学とは何か、また熱帯病の特徴について、実際のタイの地域の例を出しながら紹介しました。
午前中は消化管寄生虫症の診断に焦点をあてて、セミナーを開催しました。Dr.Dornによる消化管ぜん虫症、Dr. Aongartによる消化管原虫症の診断についての講義の後、顕微鏡で実際の消化管寄生虫のサンプル、Unknownサンプル(何に感染しているか分からないサンプル)を使い、顕微鏡診断について学びました。また臨床症状や治療についてもディスカッションを行いました。講義では、寄生虫の名前が英語で多く出てくることから消化不良の印象もありましたが、サンプルを多くみることで、診断のプロセスを肌で感じることができました。

海外の活動

午後はマラリアの診断についてのセミナーでした。Prof. Yaowalarkによるマラリアの総論、生活史、診断のプロセスを学んだ後、Thin smear, thick smear, 簡易テスト、染色の練習を実際のサンプルを使って行いました。またそれぞれのマラリアの顕微鏡の特徴をステージ別に顕微鏡で見ることで、鑑別のプロセスを学びました。Unknownサンプルを使用して、マラリアの種の同定方法について学びました。マラリアの種の同定方法については講義だけでは覚えられない部分もありましたが、顕微鏡で多くサンプルを見ることで整理できました。

海外の活動

17時から日本語で振り返りとディスカッションを行いました。マヒドン大学DTMH,MCTMの卒業生の羽田野医師と非常勤講師の森医師を中心に熱帯医学の診断、治療、タイの保健制度、医学水準、地域医療について活発にディスカッションを行いました。タイの地域住民の病気に対する認識、政府の取り組み、医学教育についても質問があり、皆でディスカッションしました。
夜は大学の近くのレストランで懇親会を行いました。多くの方の参加があり、参加者同士でリラックスしながら交流を行いました。

センター長挨拶
参加者の声
ニュース一覧
余市の生活

地域医療研修

医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
外部機関との連携
GLOW看護師研修プログラムと連携しています。