社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

【2015/12】アバイブベート病院 産学共同、タイ伝統医学士による伝統医療の試み

海外の活動

タイ伝統医療で有名なアバイブベート病院にお邪魔しました。ここはバンコクから車で北に3時間程度Prachinburiにあります。病院は地域の公的中核病院ですが、病院に併設した伝統医療がタイ全土で有名で、毎日多くの見学者が訪れます。歴史のある建物はChao Phya Abhaibhubejhr氏がタイ王室のために建造したものです。1983年にマヒドン大学を卒業したタイハーブに詳しいSupaporn Pitiporn氏(薬剤師)がこの病院に勤務、タイハーブ、伝統医療の取り組みを始めました。
タイ政府は数年前より、タイ伝統医学士による統合医療の取り組みを強化しています。タイ伝統医学士とは、大学で取得できる学士です。マヒドン大学ではシリラート病院が有名です。アバイブベート病院はBurapa Universityと連携して、独自にcollegeを持ち、タイ伝統医学士のコースを開催しています。タイ伝統医学士は4年かけてタイの伝統医療を学びます。
具体的にはタイマッサージ、タイハーブ、薬膳等になります。現在はタイ全土で毎年約1500人のタイ伝統医学士が卒業するようです。

海外の活動

病院自体は公立の病院ですが、タイ伝統医療は病院に併設したfoundationが管理しています。
http://www.abhaiherb.com/en/about 半官半民の独立した組織で、研究所、オリジナル製品(石鹸、シャンプー、クリーム)の製造も同敷地内で行っています。収益の一部は病院に還元される仕組みになっているようです。タイ伝統医療の部門は、マッサージを併設したクリニック、薬局、スパ、レストランがあります。全体で23人のタイ伝統医学士が在籍しています。

海外の活動

マッサージを併設したクリニックには6人のタイ伝統医学士と44人のマッサージ師が在籍しています。クリニック/マッサージは1日約80~100人の受診があります。その中で治療適応がある患者さんは保険診療がきき、ほぼ無料でマッサージを受けることができます。保険診療を行うためには、施設基準およびタイ伝統医学士が在籍する必要があります。マッサージ希望者のうち治療の適応がある患者さんの割合は80%、最も多いのは脳卒中で、その他産後の女性の回復に力を入れています。亜急性期の患者さんに対しては医師の依頼の元、病院に訪れてマッサージを行っているとのこと。リハビリ分野がやや遅れているタイでは伝統医療、マッサージがリハビリの一部を担ってきました。タイ伝統医学の薬局では、昔から伝わるタイハーブの効能、調合を調べ、体系化し調合を行っているようでした。

海外の活動

併設したスパにはレストランがあり食事を頂きます。薬膳ですがタイ料理をベースにしており美味しいです。レストランにもタイ伝統医学士が常駐しており、メニューも相談も可能とのこと。おしゃれなカフェも併設しています。スパではリラクゼーションを豊富なメニューがありました。タイ伝統医学のセミナーを休日に開催しており積極的にテレビ、ラジオ等で講演しています。

海外の活動

展示、スパ等を見るとリゾートのような印象があります。洗練されたオリジナル商品、マスメディアへの広告戦略を見ると病院としてはやや違和感があります。タイ伝統医療を戦略的にタイ全土、海外に広めていこうという政府の思惑もあるようです。伝統医療、民間療法を体系化、スタンダートにして身近に医療に取り入れていく強い姿勢を感じます。
アバイブベート病院と提携しているハーブ園の見学に行きました。タイ伝統医療、ハーブの理論は東洋医学に類似しているように見えます。今後、日本でも注目を浴びそうです。

センター長挨拶
参加者の声
ニュース一覧
余市の生活

地域医療研修

医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
外部機関との連携
GLOW看護師研修プログラムと連携しています。