社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

【2015/11】ターソンヤーン病院での研修【第一弾】

ターソンヤーン病院

杉原です。今週からTha song yang(ターソンヤーン)病院へきています。こちらで今月は研修をさせていただきます。この地域はミャンマーとの国境近くであるTak(ターク)県で、9月に行ったMae sot(メソト)はこの病院から2時間ほどの場所になり、カレン族という少数民族が多く住む山岳地域です。
カレン族は独自の言葉や文化を持っています。農業を営み自給自足の生活をし、経済的には困窮している方が多くいます。またミャンマー人でありながらタイに居住するという状況のため、不法滞在となりタイ人としての国籍を持っていないことは多いそうです。Tha song yang病院は、社会的な側面も見ながら、病院の外にも出て、Helth postなどと連携しながらこの地域を支える大事な病院です。

初日にオリエンテーションとお互いの病院紹介をして、2日目から早速、白内障のモバイルクリニックへ行ってきました。Mar ra merngという、ものすごいガタガタ道を病院から2時間ほど行った山奥にあるHelth promoting hospitalで行なってきました。病院に行くには車やバイクが必要で、持っていない人が行くとなると3000円ほど(この地域の人にはとても高額)かかるため、来られない人が多くいます。そのためこうしたモバイルクリニックを行っています。来月バンコク病院から医師がきて白内障の手術を一斉に無料で行うため、特に今月は白内障患者のスクリーニングをこの地域で行っています。看護師1名、助手2名、運転手1名で行き、助手が視力検査等行った後、看護師が診察します。患者さんは21人来て、うち14人程が2週間後に医師が診察に来るときに再診となりました。Health promoting hospitalには看護師が1人、保健師が4人いました。簡単な処方や処置を行える場所で、医師は月に1度往診に来るのみです。受診は無料で、タイ人だけでなく誰でもかかることができ、この地域もほとんどがカレンの人たちです。薬や資材はTha song yang病院から定期的に調達しているそうです。

ターソンヤーン病院

3日目にはMae salit(メーサリ)という場所のHealth promoting hospitalで妊婦健診をするモバイルクリニックに同行しました。40人以上もの妊婦さんの検診を行いました。カレンの人はカレン語の、タイ人はタイ語の母子手帳をみんな持参しており、検診の記録がしっかり書かれていました。5~6人子どもを産むことは普通で、時には10人以上の子どもを産む方もいるそうです。年齢も様々で一番若い子は14歳で43歳の妊婦さんまでいて皆結婚して夫もいるようです。恐らく仕事に就くことが難しかったり教育が十分でなかったりすることから、すぐに結婚して子どもを産むように言われるそうです。30週以降のお腹の大きいお母さんがほとんどでした。

ターソンヤーン病院

同じ敷地内にマラリアポストもあり、見学させてもらいました。Takには2つのマラリアポストがあり、発熱患者に対してマラリアの検査と処方ができるところです。雨季には500人/月ほど患者さんが来るそうです。今は多くない時期なので、先月は280人程きて、うち3人が陽性だったそうです。基本的に処方して帰宅で、妊婦や赤ちゃん、重症症例はTha song yang病院へ転送します。カレンの人たちの多くは熱が出て1~2日は家で様子見、3日目くらいにマーケットで薬を購入(正規のものかは不明なもの)5日目くらいにようやくこちらに来るというような状況のようです。ここも無料なのだからなぜ早く来ないのかと毎回話しているそうです。交通の便の問題もありますが、病院に来るべき時の判断の考えだったり、受診しない理由はほかにもありそうです。

ターソンヤーン病院

まだ1週間も経っていないのに、この地域に来てから考えたいこと、学びたいことが山ほどあります。英語にしても、熱帯病にしても、また眼科や妊婦さんのことなどほかの知識でも足りておらず、毎日勉強です。医療、文化、民族、経済など複雑に絡み合うこの地域のこと、地域を支える病院のことをもっと知りたいと思う日々です。スタッフはとても情熱的で、暖かく、色々なところで余市との共通点を感じます。いっぱい学んで、この病院にできることを考えられたらと思います。

センター長挨拶
参加者の声
ニュース一覧
余市の生活

地域医療研修

医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
外部機関との連携
GLOW看護師研修プログラムと連携しています。