社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目1番地1

【2015/9】マヒドン大学、タイ地域の病院での熱帯医学看護研修 <第一弾>

マヒドン大学熱帯医学看護研修

GLOW研修員で余市協会病院で看護師として働いている杉原です。9月5日よりタイにて海外研修を開始しました。
今週はミャンマーとの国境沿いにあるMae Sot(メソト)にて研修をしています。メソトには多くのミャンマー人が難民や移民として居住しています。タイは30バーツ(100円くらい)支払うことで医療が受けられる皆保険制度や小学校の無料教育制度があります。しかしミャンマーにはそうした制度はなく、特に山岳地帯に住む少数民族には厳しい生活となっており、タイに逃れてくる現状があります。そのような人々を支援するため、各国の様々なNGOや人々が介入しています。

マヒドン大学熱帯医学看護研修

今日はメラ難民キャンプへ行ってきました。ここには4万人以上のミャンマーからの難民が生活しています。想像を絶する広さ(歩く途中で息が上がってしまうほど…)で、マーケット、お寺、クリニック、学校、そして大学のようなところまでありました。主にカレン族の方が居住しており、学校での言語はカレン語またはミャンマー語で、英語の教育もありました。訪問した小学校には100人以上の生徒がおり、みんな素直でかわいい笑顔でした。英語で自己紹介をしあったりしてきました。大学のようなところは主にインドからきている15人の先生が教えているそうです。授業は英語で行われており、パソコンを使ったり、職業としての技術も教えられていました。リーダーシップを発揮できる子を育てていこうと熱意のある先生方でした。そびえたつ山々は美しく、人々の笑顔は暖かく真っ直ぐでした。もちろん支援は大事なのですが、ここに住む人々が自活できるようなシステムがもっとこれからうまく運用されていったらなとか、ここにいる素直できれいな目の子どもたちが夢を持てるような将来になったらなとかいうことをぼんやり考えていました。
正直ものすごく勉強不足で、難民ことも、この地域の人々も知らないことだらけで、毎日濃厚すぎる日々を送っています。なんとなくしか把握していなかった日本にいる難民も、本当に知らないなと改めて思わされました。自分が知らないだけの世界って本当に広いなとつくづく思い、また今はまずこの地域のことだったり難民のことをもっと知りたいと思っています。 順番は前後しますが、デング熱のキャンペーン事業やメータオ・クリニックの見学についてもアップしていきます。

センター長挨拶
参加者の声
ニュース一覧
余市の生活

地域医療研修

医師研修プログラム
幅広く充実した研修プログラムを行っています。
看護師対象プログラム
地域医療の第一線を体験できるプログラムです。
外部機関との連携
GLOW看護師研修プログラムと連携しています。